アメリカ赴任きろくbyたろ

2016年からの子連れアメリカ赴任の記録*海外引越準備、赴任ビザなどの手続き、アメリカでの生活など。




アメリカの銀行口座ジョイントアカウント*個人名義か夫婦共同名義か

 

1ヶ月ほど前、アメリカの銀行に自分の口座が欲しいな、と軽い気持ちで(知識なしに)Bank of Americaの窓口へ行きました🏃‍♀️

(主人名義のメインバンクがバンカメなので)

 

が、しかしアメリカの銀行は日本の大手銀行とは違い、一定の基準(残額や取引額)を満たしていないと口座維持に手数料がかかることが多いそうで、、、。

(学生さん向けの手数料免除プランはあるみたいです)

 

まとまったお金もなければ、具体的に利用する予定もまだないので今回はやめておこう、、と再び計画性なしに行動してしまった!と懲りない反省をしていたところ、ジョイントアカウントにするのはどうですか?との銀行員さんからのご提案が。

 

 

初めて聞く単語になにそれ?状態だったのですが、聞いてみると主人名義の口座に私を付属する家族としてではなくもう1人のオーナーとして追加し、夫婦共同名義の口座にできるそう。

 

(日本の感覚で銀行口座を持つのは無料!口座は個人名義!と思い込んでいたので、またまた世界が広がりました)

 

主人の口座は給与振り込み口座に指定しているので、例え全く自分たちで出入金することがない月があっても口座維持費は発生しません。

 

ということで、今回はとりあえずな形で私の名前を主人の口座に追加してもらうことにしました。(主人は私の口座ではなく家族カードを作るつもりだったので一緒に来ていました←意思疎通取れてなさすぎ😂)

 

ジョイント・アカウントは日本にはないシステムなので最初は不思議な感じでしたが、改めて考えると複数人で生計をたてている家族が銀行のカードをそれぞれ持つということは自然なことなんじゃないかな、と思いました。

 

日本では夫婦のどちらかがお財布を握るのが主流(少なくとも私の周りは)だからか、あまり考えたことがありませんでしたが、共同名義口座で慣れてしまうとメインバンクのカードが1枚ってちょっと不便かもしれないですね。

 

申し込み後にデビットカード機能付き仮カードを受け取って、ATMで設定(といっても残高照会しただけ)。

 

f:id:uslife:20170331013011j:image

 

晴れてアメリカで自分名義の銀行口座とデビットカードを手にすることができました💳✨

 

日本にいた時は自分のほしいものは基本的に自分の口座引き落としのカードを使っていて、主人に黙っていろいろ買うことも多かったので、共同口座しかないのは(主人に筒抜け)少し抵抗がありますが、アメリカに来てすぐの奥様たちにはとても便利なシステムなのではないか、と思います。

 

今のところ自分名義のクレジットカードを利用するようになって、私名義で出入金が発生するようになったら自分個人の口座を開設しようかな?と考えています。

管理するアカウントが増えてめんどくさくなる気もしますが、、、

 

 ちなみに自分の名前が印刷されたキャッシュカード兼デビットカードは1週間ほどで送られてきました💡