読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ赴任きろくbyたろ

2016年からの子連れアメリカ赴任の記録*海外引越準備、赴任ビザなどの手続き、アメリカでの生活など。




アメリカ赴任者が1枚目に発行すべきクレジットカード*プレミオカードをお勧めする理由

密かに申し込んでいたプレミオカードが忘れた頃に届きました❤️

 

3週間ちょっとかかっていたので、もしかして審査落ちたのか、、と不安になりましたが大丈夫でした。

 

プレミオカードはANAJALカードと同じようにアメリカでクレジットヒストリーのない日本人でも発行できる米ドル建てのクレジットカードです。

 

 

f:id:uslife:20170404025427j:image

 

 

 

 

PREMIO CARD | アメリカで日本の安心をあなたに - ドル建てクレジットカードサービス

 

アメリカで日本の安心をあなたに、、、素敵な響きですね←

 

公式サイトも手続きも全部日本語なので不安なく手続きできます。

(カード発行後の会員ページ、アプリは英語。日本語カスタマーサポートあり。)

 

日本からシアトルに直行便がでている日系航空会社はANAだけなので我が家は必然的にANAびいき。

ANAのマイルを積極的に貯めているわけで、ANA USAの発行ももちろん考えましたが、今回は見送り。

 

なぜならお得感を感じられないから!

 

というのも、主人が赴任する前に初年度年会費無料&ボーナスマイルのキャンペーンがやっていたのを見ているので。

入会するにしてもキャンペーンがしていない時はないな、、と。

 (今後キャンペーンがあるのかはわかりませんが、今のところ70ドルの年会費を払う価値のあるカードなのか疑問なので発行は保留です。)

 

今回発行したプレミオカードのメリットは何といっても年会費無料という選択肢があること。

 

プレミオカードは全2種類

・年会費無料のプレミオカード

・年会費50ドルで利用額の1%キャッシュバックポイントが付くプレミオプラスカード(年間20000ドル以上の利用で50ドルのボーナスポイント=年会費実質無料)

 

とりあえずクレジットヒストリーを構築できたらいい!と考えるアメリカ赴任者の方が最初に発行すべき1枚ではないかと思います。

 

年会費無料カードに惹かれて公式ページを見たところ、有料のプレミオプラスカードも初年度は年会費が無料ということで、プレミオプラスカードを申し込みました。

 

しかも、申し込み時にキャンペーンコードを入力する欄があり、その場で検索して見つけたLighthouseのコード入力で2000ポイント(20ドル)をゲット。

 

キャンペーンコード利用可能期間などがあるのか、よくわからないままダメ元でコードを入力して申し込んだのですが、きちんと2000ポイントついてました。

プレミオプラスカード | ライトハウス限定・特別キャンペーン実施中!

 

とりあえず1年間はこのカードを使ってクレジットヒストリーを築き、2年目以降はどうするか考えようかな、と思っています。

 

(VISAカードしか持っていない我が家的にはブランドがマスターカードなのも魅力的なので年会費無料の方に切り替えて持ち続けるのもありかな??)

 

年間20000ドル以上の利用で2年目以降も実質年会費無料なので、20000ドル以上毎年使う方は今後アメリカで同条件の無料カードを発行するより、日本語のサポートが付いている分プレミオプラスを使い続ける方が良いのではないかと思います。

 

クレジットカード社会のアメリカにはたくさんのカードの選択肢があるので”とりあえず”で年会費の高いカードを発行してしまうのはもったいないと思います。

(入会時しか得られない入会キャンペーンのボーナスマイルを逃すのも非常にもったいない!)

ANAJALカードはお得なキャンペーン時に発行し(実施されるかは不明ですが)、とりあえずはプレミオカードを無料で作ることをおすすめします!!

 

※プレミオカードの回し者の用になってしまいましたが、全く無関係の一利用者です(笑)